宮ヶ瀬東沢

 3月
 土曜日は毎週雨が降っていたように思う。一回は山岳SCの研修会だったが、その他の3月は近くに行くことなり、今週もまた近場の短い沢になった。だから…どうだって……
 ヒルよけスプレーがあったらいいかなと土山峠で降りたが、ここから山には入る人は多いらしい二本のボトルは空だった。ボチボチそんなことも気にしなければならない季節になった。
 東沢橋の宮ヶ瀬側から東沢に入る。橋の脇から奥に続く車道跡は緩く下っていった先が水溜まり遮られているので、左での斜面を少しだけ登って回り込んでから降りるとビオトープと称する沼地の中の葦原に立つことになる。
 ビオトープはあくまで人造物であり、手入れがされていなビオトープは単なる沼地だと思う。下がじゅくじゅくしていて靴が濡れてしまうし、立ち止まっていると泥に埋まってくるのでうっかり休めないし歩きにくくてしょうがない。でも遠くに青色の橋が見え、葦原の横の沼地には鴨の夫婦がゆったり泳ぐのを見るのは悪くはない。
<写真削除 20120701>
東沢ビオトープ
 ビオトープの先は人為的にならされたままの砂利の平地のままにF1(といっても他にはFを付けるような滝はない)に続く。滝は6〜8mある。少し急目だから登るには丸太梯子か何かが欲しくなるが、ジャストサイズの物をこの近くで手に入れたことなく、この滝はまだ登ったことがない。左岸にある送水管メンテ道から巻いて登る。
 メンテ道は右岸下からも伸びて切る道と合流して作業道となり、この先に残っている集水施設をだいぶ過ぎてまで伸び、更に右面・左面に作業道を何本か分けながら、最奥で沢が岩場に変わるまで伸びているである。だから沢の中を歩くのが面倒だからと言ってこの道を歩いていると、二年ほど前に手が入れられたこの道だけを歩いて沢の中に全然足を踏み込まずに源流点まで着いてしまうと言うことになる。とは言っても砂地の斜面帯では道は太めの桟橋を埋めてしまうくらいに砂が流れて積もる。
<写真削除 20120701>
この沢ただ一つの滝 F1
 だから道には出来るだけ歩かないようにして緩い傾斜の岩床の上を歩く。岩はフリクションがあるようでない。緩さに油断して歩いているとツルッと滑って手をつく。少し手が濡れるが、冬でもなく寒くもないしどうなるものでもないのだからどうでもいいかとずぼらな歩き方をする。5m上に行けば作業道があるというその意識がどうも沢の歩き方を安易にしてしまう。それでもかまわないほどに危険な箇所はないということでもある。
 ナメ状をいくつか歩き、炭焼き窯の崩れたのを見て、その背後の尾根を登ろうかと考えたが、さっき沢に入ったばかりじゃないかと沢と続ける事にする。
 出会いから数えて石積堤を三個ほど登ると水が無くなり、岩場の沢になるが、そこだって急ではあっても困るような所はない。ただ今まさに地震があったらにどうしようかと考えるような狭いV字状の岩場はある。そんなところは兎も角も早く抜け出るのが肝要だと早めを心がける。急場の手がかりしは氷が溶けた直後のように感じるほど冷たい岩だったりするが、見わたす限り触る限りに於いて雪も氷もここらにはない。
<写真削除 20120701>
沢沿いに奥へ 仕事道(森林整備用)


岩場もあるがやさしい登りだ


 そうして作業経路が沢を横切る桟橋に着く。作業道はどちらに行ってもそういくら歩かないで上の登山道に出ることができて、沢はここで一区切りが着くのだが、そこには入らず桟橋右手20m横の小尾根に移動してそこを登る。10分程直上すると休憩卓が直ぐそこにあるところで登山道に出て登りが終わる。
 仏果山までは10分だ。途中には登山者が四組ほどいた。
 これで今日は登りは終わり。
 日が当たり暖かいと何かしら心も弾む、歩き方も軽くなる気がする。半原越を通って華厳山・高取山まで行く。
<写真削除 20120701>  <写真削除 20120701>
尾根上には可愛いのやリアルな石仏が何体も (放置状態で)置かれている。
 ここから荻野方向に下る道は何本かある。今日はそのうちから山頂看板から30m程発句石側に寄ったところが下降開始点になる北東に下る尾根にする。
 この尾根は登山道ではないらしいが明瞭な尾根状が下まで続き、歩くに難しい箇所はない。下草も深くない。尾根の各所に石仏がたくさん数えるのが面倒なくらいに鎮座していて、■番構、奥の院大師遍□等、年号は「大保?天保13年」などと読める石碑文からも、その雰囲気は普通の登山道とは違って、かってのなんだか構、もしくは修験の道だったらしい雰囲気が濃厚に残る。ただなあ可愛い顔の石仏を手入れもせずにただなすがままに放置しておくのは何か気が引ける。
 山頂からの開始点が多少わかりにくいのと、下りきったところがゴルフ場のど真ん中になるので、コースのカート道を五コースほど山の格好で歩かざるを得えないし、重ねて上荻野側に向かおうとすればクラブハウスの入り口を通過して更に四コースほどをゴルファーの「ややや…奴はなんだ」という視線を感じながら歩くことになる。この間はプレイヤー等の連絡などによりゴルフ場管理者からのクレームがあるんじゃないかと確かな市道に出るまでに気が気ではないのが欠点で、それがあるから、この尾根が登山道でないのだろうかと想像する。
 でも、実際にはゴルファーは自分と仲間の球を追いかけるに忙しくて他人にかまって通報する暇など無いらしく、今日に限れば無事に安全通行が叶ったのだ。いつもそうだといいんだが、それは確約できる雰囲気じゃないとは書いておく。
<写真削除 20120701>
ゴルフ場の縁に立つタラの芽

 尾根もよかったが、尾根からゴルフ場に下り着く直前に良いことがあった。それは
 今冬は寒かったが、下ったゴルフ場の縁は南面を向き、丘状に270°覆われた日だまりのカヤトの原だった。そこだけ周囲よりは一週間くらいは暖かい方に進んでいそうな場所で、そこにタラの芽の木が十数本まとまって立っているのを見つけた。カヤトの原を百m程歩いてさがせば、きっと百本くらいはあるんじゃないかな。冬毛の外套を割った直後のような小さな芽だったので全部取るのはやめて三本だけ摘む。そのうちの一本をそのまま口の中に放り込む。堅い所は何もなく軽く噛むと濃いのと淡いのが混じり合った春のえぐみが舌の上に広がる。
 残りの二本はユミコちゃんへの山からもらった春のおみやげとする。

 今冬寒かった影響かヒルの気配は無かったが、来週だとどうなるだろう。

 
東沢 自宅6:35〜千頭橋7」07〜土山峠7:35〜東沢橋7:50、東沢ビオトープ見学〜F18:00〜稜線下作業道8:40〜登山道8:50〜仏果山9:00〜半原越9:30〜経ヶ岳9:40〜荻野越9:50〜華厳山10:00〜高取山発句石10:10〜高取山戻り10:15北東尾根下降〜ゴルフ場10:35_40山菜採り〜上荻野〜鳶尾入口11:35バス〜下車自宅12:00 20120401晴れ

頁トップへ  マシラのHP
仏果山 東沢 丹沢