ドンヨリとした雲。
  昨日来の雨は夜半に上がったらしいが、山には霧がこもっていて、いま入ったなら葉っぱに溜まった水滴がざばざばとシャワーのごとくに身に降りかかって30mと行かずにずぶ濡れになるだろう。そうなるかは行って実際に行ってみなければ確かではないのに、悪い方にとってはたじろいで、少しはましになっただろうと何時もより3時間も遅く家を出てバスに乗る。
 乗客に山へ行く格好の人は他に無し。
 馬渡で降りる。仏果山への登山口の一つだ。
 中津川は勢いよく流れる。3km奥にある宮ヶ瀬湖から大量の放水がされているのだろうか。でもそういう場合に鳴るはずの放流警報音がないなら成り行きの増水か。今の時期なら鮎釣り人が十人以上列ぶのも普通な光景のここらではあるが、今日は仮設橋の上流側の河原に老人が一人だけ。その彼も竿は出さずに水の様子を探るようなふりしていた。水の勢い強く、流れに入ったならば中で1秒としても姿勢を保つのは難しい。本日は休竿日だ。

馬渡
中津川の水量はとても多く、川に入るのは危険と思われ
鮎つりの人の姿は無い




 こんな水模様の日、水が増した場合の魚の待避場所を知っていたら手網で何回かすくい取れば魚籠が一杯になるウハウハの日なのかも。川沿いに立つこまや(旅館)の玄関先に出したテーブルに座る人は釣り人ではなく、宿泊客にも見えず、客なしの手あきの時間をつぶす宿屋関係者だろうか。だとしたら、その三人の話題は本日の営業どう行うかの作戦会議かな。

 観光案内板の立つ辻を曲がる。
 塩川滝からの水量も多いが濁りはない。増水が少しは収まりつつあるのだろう。
 塩川滝の観瀑橋は現在封鎖中だ。「落石のため」と掲示板がかかる金柵は頑丈である。数年前に落石防止のネットを張る工事が終わって、それで落石対策としての方がついたと思っていたが、そんなのでは片付けられないほどの大石が落ちる懸念があるというのだろう。だけど、それを言ったら滝なんて自然物である岩で出来ているのだから、どのような対策を行おうとも、いつかは割れて崩れて落ちるさ。そんなのが、欠片の一つでも観光客に当たりでもしたら管理責任を取らされるからと考えたか、里近くの滝はどこもかしこも滝壺付近に近寄らせずに遠くで見ろは昨今の流行だ。

塩川滝(先週の写真)
橋の下をスルーして滝つぼに立って見上げる

左の小尾根に巻き道があって
写真中央より若干上に見える立ち木帯にその道が付いている
急傾斜帯の道だが、悪くは無い(一般者危険)


 観瀑橋が閉鎖されているのは前から知っていた。というか、ここは先週もやってきたし、その前の週だって立ち寄った。宮ヶ瀬や城山湖、相模湖方面に自転車で走るときに、ここは出だしのジョグの区切り場所であり、呼吸を整えるのに格好の場所なのでちょくちょく来ている。観瀑橋は封鎖されていても、その橋を使わずに下の瀬からだったら数歩だけ水に入って歩けば簡単に滝壺に入ることが出来る。落ちた水が滝壺に当たって水霧が立ち、水を打つ音が響き、それらが狭い空間に閉じこめられて混ぜこぜな混沌はまさに龍神がのたうつ回るがごとしとでも言っていくか。滝壺には入っても落水に当たっているのでもないのに、十秒ほどで全身がずぶ濡れとおなじような状態になったな。この警告版が撤去されるのはいつになるだろうか。掲示した人なら復旧の目処ぐらいは考えているだろう。知っていたら是非教えて欲しい。


ここの観瀑台(橋)は進入禁止
解除はいつのことになるかも不明
何人かが柵をゆすったのか
若干固定が緩んでいるように思う



 本日はこの南沢を歩く。
 ここは何度目かになるし、それに天気が悪い。出来るなら経ヶ岳の山頂までへ。少なくとも作業路南山一号路までを考えていたが、水勢きわめて強く、そんな日に沢に入って大丈夫かという心配が優先して先行きはいまいち弱気だ。

 滝の手前の駐車場から滝右岸の小尾根に付けられた踏み跡道を上る。岩が所々に出ている道はしっかりしているが、幾分か枯葉に積もっている所もあって、そこらにヒルがいるのではないかと思うと一瞬でも立ち止まっていたくない。しかし、右手の灌木の間からは塩川滝の豪勢な滝音が響くのと水煙をたぎらせて落ちる水流も見えていては、ついつい「なかなか良いじゃないか」と立ち止まってしまうのだった。
 道は50m程で尾根上(上にある法華林道に迄つながっている)を直進していくのと、滝の落口を中心点として半径20mの円を描くように沢に戻っていく道に分かれて、後者の道に入る。滝が見える険しい場所にあるにしては道は砂地で出来ていて歩きやすい。でももう10m程で沢に戻る所に倒木があり、急斜面中の雨に濡れて滑る腐り木を越えるのは手間がかかる。
 
 下から見てた塩川滝の水量はとても多かった。
 でも下からは見ていただけだったのだが、ここからは沢の中を実際に歩いて行かなければならない。いつもの水量なら、落口の上流側は河原歩きであり、所々で飛び石する必要はあるが、靴を濡らすなんて事は無く、半原越え近くの法華峰林道に出るというのが通常  (ここを歩くのは少なくとも五回くらい)だった。
 だが巻き道から沢に戻ったその一歩目から躊躇う必要もない徒渉となった。それからも途中に三個備わっている砂防ダムを巻いて登るとき以外はほとんど水の中だった。時々は砂地の上を歩いたが、水量の増している沢では水面上に出ている岩の表面はヌルヌルに濡れていて何時だって滑る。そんな岩の上は安心して渡れないし、そもそも飛び石の前後も水の中だからわざわざ飛び石するのは効率的でなく、水の中をずっと歩いて、いつもの飛び石は水の中を歩くためのバランスを取るための補助でしかあり得ない。
 水量は多いと書いたが、大渓谷ではなく、水勢に体を持って行かれて体勢維持もままならないという場所は小滝の下とかの限られた場所だけだ。それ以外では勢いよく流れる水は涼しくて気持ちいいくらいの感触。水に遮られて水中下の岩面は見定めにくく、靴の先で踏み面を確かめつつ歩く。平均的には膝上だが、靴底で探っていくうちに腰の上まで沈んでしまう深い所も多々出てくる。そして水中といえどそれまで河原の石だったから水垢がこびり付いていて岩はとてもよく滑る。何度こけ、足をすくわれ、流れて、止まったことか。

 塩川滝からはゴーロと岩瀬である。水の中をもがくように進む。小滝の乗り越しは胸の高さまで浸かって、釜の底を足先で足場を探って乗り越す。
<写真削除しました 20160207>
ちょっとした水溜りでも
どーんと水の中に入って
そうでもしないと

飛び石するよりもずっと安心できる


<写真削除しました 20160207>
水溜りはどこもかしこも泡立っているが
その中に入らないと前には進めない
腰で止まるか、胸まで来るか
足先で恐る恐る底を探って水流はうるさくとも
そっとそっと前に行く

<写真削除しました 20160207>
江ノ島の淵
この淵は底が江ノ島までつながっている隧道の入り口だという伝説があるという
確かに深いが、今日は水が泡立っていて底の深さを目では図ることができない



 江ノ島の淵。
 淵と言えば住まうのは大岩魚かカッパなのに、ここでは泡立つ水面に透明感は全くなく、空のペットボトルがグール・グルと淵の隅っこで高速回転して揉まれている。落差たった僅かに2mの淵なのにここで落ちたらいったい何処に引きずり込まれるのだろうかと思うと、岩の表面に這えている水苔の摩擦感だけでは足りなくて一生懸命に岩角を探る。そんなだからか綿手袋の指先がこすれて穴が開いて指が出てしまって、その分だけ岩との感触が良くなった。ここ、そんなことが気になるような難しい場所ではない。でも水量が多いんだよ〜 いつもより五倍はある。
<写真削除しました 20160207>
こんなに水は無いはずなのだが
まるで小川谷状態



5m滝
ここの落水部の釜だけがいつもより浅くなっていて、
ひざ上の深さで滝の岩にまでタッチできた

観察すれば落水左が登れそうな木もすうrが
泥を落として且つトップロープでないと俺には無理だ




 江ノ島の淵が過ぎると間もなく垂直な滝が行く手をふさぐ。右岸から続く5m高さの岩が沢の中央を横切って左岸まで続くこの滝は登れない。
 いいや、そう決め込むのは早いかもな。
 落水の左の際からなら登れるかもしれない。条件が付くが。
 垂直な黒い岩のその部分のみ表面には泥が薄く付着していているように見えていて、まずはその泥を始末する必要がある。そのために4mは伸ばせる自在棒の先におかめタワシを付けて、綺麗にぬぐって次にドライヤーで濡れた岩を乾かせば垂直に強い奴なら登れるだろう。マシラが登るとしたら、そういう準備を整えて上で且つトップロープでないならお断りだ。
 手前右の泥土に斜面を登る。そこはいつものコースであるが、ぬかるんだ泥斜面は手にする物がないと滑って登れない。かといって今の時期の湿地にはカムレ症の元となる灌木であるように思えて、どれでもこれでもと手にして良いのか考えてしまう。だけど、植物起因の”かむれ”と医師が言うが、実際にどんな木でそうなるのかは示してくれないし、自分でも何に触れたか分からないし、そもそもどの木に毒があるのか知らない無知漢。知らないから実際以上に怖いのか、知らないからぜんぜん怖くないのか、何とも言えないが、もうすこし植物の知識を学んでおけば良かったとは思う。ヒルなどカムレに比べれば被害など無いに等しく、かわいいものだと思う。
 斜面を登ると、そこからは腰の高さの草を踏んで5m滝の奥にある砂防堤を一つ越えたところで河原に戻る。
<写真削除しました 20160207>
ようやっと砂場の河原状
いつもはちょろちょろ水が本日はたっぷり
水の中が一番歩きやすい


 以前、きたとき
 ここは砂防堤の上に砂が堆積して間もなかったらしくて広々として砂場広場だった。今は左右両岸から草が砂地に進出して目の高さの草となっておいしげり、流れに洗われているところだけが自在に歩ける場所として狭々としている。
 流れの中の底地は砂なので流路は岸よりはずっと歩きやすい。ここからもずっと左右岸上ではなく、飛び石でも無く、基本は流れの中を選んで進む。
 次の砂防堤は左岸を巻く。崩れやすい表面、腐ってぬめぬめする倒木の混じる斜面、これらのミックスは快適なんて何処の言葉かと思うほどに面倒くさい。ああぁ っとため息吐きつつ通り抜ける。
 次の砂防堤は左岸を上った。こちらは踏み跡がついていて先ほどよりはずっと楽だった。でもなあ、この沢、左岸に南沢林道(半原から半原越に出る立派な林道/チャリ・クライムヒルの場所として知られている)が通っていて、そこから投棄した新しいのはないが古いのが大半だが、ゴミが沢に落ちて転がっていて、そういうのは気分は良くないので左岸側には余り近寄りたくない。その林道がいよいよ間近に迫ってくる。林道との位置関係はだいたい分かってる。
<写真削除しました 20160207>
中央が割れている砂防堤(法華峰一号ダム)
靴のフリクション弱く、下の緩傾斜面に立ち上がれない
右端を必死で攀じる
情け無し;運動靴
ボーナスで小遣い得たら一番に買い換えるぞ)


 もう少しで作業路南沢1号路線だろう。左岸がコンクリ壁、その下が流路で、右岸はうっそうとしているからコンクリ壁に右手を付けて水中を進むと中割れ堤防が目の前に出てくる。それの土台が砂防堤全幅に広がり、土台に乗るには傾斜したコンクリ面を歩く必要があるのだが、その僅か15°の斜面が靴だけでは滑って歩けない。「この靴」と悪態着いても悪態だけでは前に進めない。右の細い灌木、擁壁中の細い凹を滝を登るようなつもりで使ってようやく登る。
 砂防堤本体の中割廊下状の通過は、いつもなら靴を濡らさずに走り抜けるにはどう足を運べばよいのだろうかと考えるのだが、本日はそんなの全く考えないで真ん中を膝までの流勢に巻けないように歩くのみだ。

 小滝の先に南沢作業路一号線の木橋が横断しているのが見えた。

 ここまでだな


<写真削除しました 20160207>
作業路一号線 木橋
本日はここまでとした。



それでも作業路一号線から一つ目の砂防堤まで行く
これより下流はコンクリ製だが上流は石積みだ
いつもはほとんど推量無いこの堤に本日は飛び出すほどの水量が
堤の下の溜まり(写真中央)はとても深くて渡るが怖かった




 ほとんど、ずっと水の中を歩いてきた。何回かこけて水の中にも浸かった。いつもの沢よりもずっと多く水に遊んだ気がして、もう沢歩きは十分だと思った。最近、何事にも根性が薄れてきたように思う。空きっぽくなったようにも思う。
 それでも、木橋の上からは奥にもう一つ砂防堤が見えたので、そこまでは行くことにした。南沢での砂防堤はここからは石積みに変わる。その堤、いつもはしょぼい普通の堤だが、今日のは勢いよく水が飛び出していてなかなか良かった。木橋に戻って、そこでとりあえずヒルチェックを行ってから一号線を歩く。

<写真削除しました 20160207>
作業路一号線は道幅1.5mの歩行専用高規格林道である
周囲に花畑、タラ菜 などいろいろあって楽しい道だが
今の時期はヒルもすまうらしい



 この作業路は整備されている。ただし、木橋から入って最初の分岐で送電線(佐久間東幹線鉄塔)の分岐まではたくさんの人が歩いているらしく路面は踏み固められているが、その分岐から右に分かれて経ヶ岳の山裾、上には法華峰林道が走り、その下をほぼ平行を進む本線は最近歩く人が少なくなったのか草が深いところが何カ所かあり、手で左右に払わないと先が見えない所も部分的には出てくる。窪地に架けられた橋の丸太は落ちているのもある。でもね、俺的に作ったばかりのふかふか通路より、これくらいの方が良く思えてる。途中にエビネの育つ草原への秘密の入り口もある。大昔それの一カ所を知人に教えたら、翌週には「ありがとう あそこで三株採って庭に植え直したから」なんてなトンデモにあって、それ以来、その種のことは「言わない」「書かない」ことにした場所もこの経路のどこかに入り口があるのだ(言わない書かないとの口が渇かないうちに 口あんぐりな人にはごめんね)
 その先でもう一つ分岐があった。左の方が道形が濃かったが、右には入ったことがないような気がして(そんなことはなく歩いているはず)、歩くとその道、どこかで折れ曲がりを見逃したらしく、小沢を目の前にして道を見失ってしまった。こういう時こそ、強引にと突っ切り、それから上に50m〜80mほど登ると尾根の平坦部で経ヶ岳からの登山道に出た。
 その平坦路の先端には休憩卓があり、道は右に折り返すように下っていく。もう少しで田代(平山沓掛坂下)に出る場所である。
<写真削除しました 20160207>
何回か分かれて、そのうちの一本(支線か)
本来は勝楽寺に直線降りる道を本線とするらしいが
経ヶ岳からの登山道に合する手前で道が不鮮明になる



 山の物は山に残しておこう。
 休憩卓を足乗台にしてヒルチェックを行う。何カ所かで立ち止まり、何カ所かで腐橋を渡り、何カ所かで枯葉の濃いところを歩いた。晴れていれば道も良くてスッスと歩いて抜けて来ただろうが、本日はちょっと歩き方が遅かった。だからヒルがへばり付くチャンスが沢山あったはずで、それをとりあえず始末しなくてはと考えたのだ。
 事実ヒルはたくさんいた。そもそもその休憩卓付近だって大丈夫といえるほどの確実な場所ではないので、チェックをじっくりとはやっていられなかったが、見つけたのを指先でつまんで、休憩卓の隅に擦り付けて移す。次のが見つかったら、さっきのから10cm程離して同じように擦り付ける。次のも、その次のもと繰り返すと、直ぐに休憩卓の端隅から多端の隅まで着いてしまった。その間にヒルは黙って擦りつけられた所に止まってはおらずに、ベンチに体の方端を固定し、他端を空中に精一杯伸ばして口を広げて漂う空気の中のCO2に反応するヒルダンスで移動方向を探って決め、次の一瞬に移動する。だからマシラが休憩卓の他端にラストのヒルを擦り付けたときには全部が一カ所に3cm間隔で集結終了となっていて、そこで「さあ こい」とヒルダンスを踊ってる。
 これらのヒルがシンクロして空中に吸血口を振る様をかわいいという人がいたら、マシラがその人を変人として認定してあげよう。
 この調子ならまだ取り残しがが何匹書いてもおかしくない。ヒルは小さくまとまった場合にはとても小さくなる。獲物に吸い付く準備が出来ると水分を吸い、あっという間も無く巨大化して、それから吸う。だからその前の小さいのが靴の縁や靴下の目に潜んでいるのを、やっつけ仕事で全部を抜けなく撤去するなんて事はラッキーさがあって始めて可能なこと。ウンに弱いマシラが完璧に始末できるはずはない。
 事実、そのときだって、右足が終わったら左足を、左足が終わったら右を再点検して合わせて三回も繰り返した。
 そうするともういないはずの再点検でも二匹三匹と見つかるのだから、一通りチェックを済ませたとしても取り残しがいると考えておいた方が始末が的確になるはずだ。


 本日はこの登山道を通った人はいないらしい。足跡が付いていないからそう考えたが、神奈川パークレンジャーの車が勝楽寺墓地入り口に停まっていたからには、誰かが山に入っているはずであり、マシラの足跡観察能力など未熟も良いところだろう。
 バスは数分前に行ったばかりだった。ヒルチェックに時間を掛けすぎて、昼前に帰ると行って家を出てきたはずななのに、その遅れでむざむざと乗り遅れたらしい。

休憩卓でヒルチェック&捨て去り作業
これがヒルダンス
空気中に口を振ってCO2の漂って来る方向を見定めているという
この動作の次は定めた方向に一目散に高速尺取運動開始
今日以降この休憩ベンチでヒルに遭遇したら全てマシラ起因の災いです。



 松陰台入り口まで歩いて、そこのバス停で一分ほどの待ち時間中にヒルチェックして一匹を始末し、家に入る前にももう一回チェックして五匹、玄関たたきで靴下を脱いだら吸血跡は二カ所あったのに見つけたのは一匹だった。
 (追記;バスに乗って以降のは全匹しっかり塩を掛けて始末したのでご安心ください)

 もう一匹どこかにいるはずなのに見つからずにどうしたものかとしてたら、30分後に玄関たたきの中央に鎮座しているのをユミコチャンが見つけて「あまえ、いったい山に何しにいったんだよ〜いいかげんにせいよ」とむくれられた。
 靴下を脱いだときに、たっぷり吸ったからとヒルが自主的にはなれたのに気が付かなかったのだ。
 それだけで終わらずに、熱湯消毒した山服靴一式の熱湯残湯から六匹が更に抽出されて、
 その六匹を含む衣服に熱湯を掛けたのはマシラであっても、実際には洗濯したユミコちゃんが見つけて大騒ぎして、ラストは乾かした洗濯物中から粘着テープの糊を丸めたかすのようなのとあわせ、本日は全部で35匹くらいは処理したかな。それら片付けの片割れを好きでもないのに担がされたユミコチャンは、その後ずっと機嫌が悪い。
 なにはともかくも山には行けたし、家での騒動はケセラ・ケラ。でもなあご機嫌の悪さは私に原因があり、無視はしてはならず。ユミコチャンの機嫌はどう取り持ったら元に戻るんだと思案しつつ、そっと声を掛けても無視されて、あるのは「本日はあなたの晩飯の準備したくない」って冷たい返事があるのみ。

 外に何か食べに行くかな。
 ナス ちょっとだけだが出たし!
 って言ったら「一人で行って」だって
 とても参りました。ヒルは怖くないがユミコちゃんが怒るととても怖い。家の片隅へ。塩を掛けられたヒルのように小さく隠れて過ごします。


自宅8:05〜バス〜馬渡8:40〜塩川滝下9:00〜塩川滝上9:15〜江ノ島淵9:30〜作業路一号線10:25_35〜経ヶ岳登山道11:05_15(ヒルチェック)〜平山坂下11:35〜泉(松陰台入り口)バス12:05〜下車〜自宅12:35  曇り 20160704

頁トップへ  マシラのHP