スギ花粉
 巻き上げる尾根の上。

 谷間の林の中から立ち上るのは炭焼き窯の燻煙に似てはいるが紛れもなくスギ花粉だ。空がよどんでいるのは黄砂とかPM2.5ではなく、スギの枝から放たれた花粉が地にすぐには落ちずに道志川の谷間に漂っているからだ。
 翌日の都心で発生した煙霧とはまるで違っていて発生源は此の山のあの杉の一群とはっきりしている。春の日は暖かい。風は止んだかと思えば遠くから再びやって来て帽子を剥ぐように煽っては抜けていく。

「たまりません、この煙、今日と明日はもうダメです。私はしんでます」と停留場で止まった運転手はうんざりした調子の声でバンザイする。、それでもバスの安全運転にしっかり努めているのはさすがプロのドライバーだけある。

 「唐沢バス停です」
 両国橋で言付けた名の停留所でバスは止まった。見晴らしの良い展望デッキのある休憩場だった。手すりの先の手の届く位置に大きなブナが立ち、西方向を見れば三国県境の山々の上に富士の七合目以上が見えている。
 ここ いいね

 前に自転車でここらを通ったのは10年くらい前だったと思う。山中湖とか忍野にガッツだして行ってた時だった。山中湖手前の山伏峠に向かっての急坂が始まるのはもう少し先だが、ここらで既に体力の98%は使い果たして、へたへたしてたように思う。それを思えば朝は少し早くなるが楽々と座ったままでこられるバスはとてもありがたい。長くこのバスの運行が続くことを祈りたい。

 バス停から国道を進み百m程先を左に曲がる。目の前に山が広がって見えていて、これが鳥の胸山という山なんだろう。だとしたら秋葉社はどこなんだ。乗り過ごしてはいけないと停留場と目指す山の名は頭に入れてきて、バスは無事に降りはしたが、そこから先が肝心なのに登山道がどうなっているのかが分からない。
 橋を渡ったところの渓流釣レストハウスの手前に、こういう場合用に設置してあるらしい観光看板が現在地と目指す山を教えてくれてるというのに、それだってキチンとは見ちゃあいない。そして間違うお定まりの展開に今日も嵌る。
 道はレストハウスとバンガロー風の間を通り抜けた裏庭から始まる。そこはコンクリで固めた車で走れる道。それが最初に折れ曲がる地点に登山用標識が立っていて、そこから車道に別れて緩いの沢カール状の左岸を歩くようになっている。ここをそのまま歩けば良かった。だが見上げる右手のすぐ上には建物の屋根が見えていて、登山道の先が車道にまた再び合流するよう思えてしまう。だったらさきほどの車道を行くのも同じだよなと戻って車道を歩く。


唐沢バス停から橋を渡りレストハウス横から
小尾根を直上してもう少しで登山道に出る直前である
 坂道を短く登る。
 道は直ぐに夏季滞在用と思われる家屋が立つエリアに入って終わる。その家々を突っ切って先ほどの沢の左岸の延長に当たる踏み跡道を辿る。そのうちにと考えた登山道はいっこうに合流してくる気配がない。気持ちの良い落葉樹の林の中で踏み跡だけがどんどん薄くなる。傾斜が徐々に増してくる。それでも笹竹が密生して足に絡むようなことなく、比較的に歩き易い。右手から小尾根が登ってきていて、あそこなら道がはっきりするだろうし、そこからなら秋葉社が判るかも知れない。雪の残る小さなカールを一つ横断してその尾根に入るが、踏み跡の濃さはそんなに変わらないし、石祠ならあっても秋葉社のような社があるような地形でもなかった。落ちていたスギの枝で杖を造る。それでも尾根が急になるば登っていくところがはっきりする。秋葉社はあそこかなあと登った尾根のピークには杉の木が何本か立っていたが社は見あたらない。ピークを緩く登り、ほんの少しだけ降ると「鳥の胸山:道の駅」の標識の立つ登山道にでる。
 そこからすこし登ったところが「鳥の胸山」の山頂だった。それまでは木立の枝越しだったのが苅払われた山頂からは富士山の全容が見える。
 鳥の胸山に着いたよりも、あぁあ秋葉社通り過ぎてしまったという残念な思いの方が強かった。なのに、だったら戻ればよいのに、そうもしない。
 秋葉社=火之神 鎮火の神様
 物心着いた頃、裏庭にぼや騒ぎがあって、その元となったいたずら坊主はマシラであり、親父様にたんまりと説教喰らった。説教は無論燃え上がった炎がめらめらと揺れて襲ってくるようで怖かった。もうしません。
 その数日後、親父様は「秋葉社に行ってくる」といって出かけた。あの時、朝早くスーパーカブに跨って出かけたが、一泊も無しで当日の暗くなるころに火災除けのお札を持って帰ってきて、その日の内に竈の上に伸びる煙突の横に貼った。今から考えれば時間的に岐阜の秋葉社本社に日帰りでいけるはずもなく、かといって村の郷社の側神の社にしては時間が掛かりすぎていて、もちろん小さな郷社では例祭以外の日にはお札も出ないから、どこかそれなりの社に行ったはずなのに、それがどこだったのかは聞いてない。判らないが、秋葉社と聞けば、そんな小さな頃の心に刺さる棘の記憶がよみがえる。

 ゴメン 親父様 いたずらはもうしません。良い子でいますから。
 そうは親父様に誓ったが、今になっても、ちっとも良い子でない自分に心が痛む。ごめんな。



鳥の胸山〜は少し歪んだ形(宝永山)の富士山が青空に浮かんで見える



 左の5合目付近が歪んでいるが、甲駿境の山並みの上にどんと鎮座しているここからの富士山はなかなか良いと思う。

 さあ、ここからはどう行けば良いんだっけ。目指すのは大界木山。
「鳥の胸山:道の駅」の標識はたくさんあるが、なのに行きたい方向の情報がこの標識からは何も得られない。そのもどかしさが、この標識の林立に対して「自然破壊を自ら演出している」と苛立っている。矢印だけの方向板は要らない、どこかにわかりやすい地図ないかね。
 大室山のある方向から見当を付け「道志の湯」と示された方向に歩く。坂を下り、鞍部から登る。次のピークで右に道志の湯への道が分かれる。直進した道は小さく上ったり降ったり、そして東側に良い感じに開けた斜面を降っていくと、日に溶け始めた氷の林道の上に立つ。切り通しの峠でそこは風の道になっている。(浦安峠)この林道を左に下っていけば「道の駅」に出るらしい。道志の家々が遠くに見える。




 大界木山方向には どこから?
 切り通し部は急なため登れない。城ヶ尾峠側に少しだけ歩いたが、簡単な登り口がありそうには見えない。峠の反対側に移動する。先ほど降ってきた鳥の胸山登山口から50m程下に降った地点の林道法面のコンクリ土手の切れている部分の上に踏み跡が着いているのが見えて、これが道だった。案内の標識は無い。
 無いと言うよりは、あったが無くなった、或いは撤去したのではないだろうか。そんな道の入り口には先への不安があったが、一歩踏む込むとそこはしっかりした道だった。笹竹が覆い被さる部分がないわけでもないが、笹を払うと地は明瞭に踏まれていて古い赤黄テープが所々の木に巻かれて目印になっている。そのような目印はなくとも、堅く踏まれていて迷い無く歩ける確かな道である。日の影になっている部分には雪が残っていて、喉が渇いたら雪団子を作り少しずつ口に放り込めば水代わりになる。
 やがて登山道に出る。

 ここでも大界木山ってどこだとなる。
 細かい地図は無くとも前後左右の山の概念図くらいは手元に置いておかないと進行方向を決める段になって困る。次にはメモして持ってこようと思う。

 ここらを歩くのは何年振りだろう。
 菰釣山の避難小屋、そこの記憶はあると思っている。手前に立つ「後何メートルで避難小屋」の道標だってちゃんと覚えていると思うが、正直言えば加入道山の避難小屋と混同している懸念が120%位ある。何となくは判ると思っているが他は全然覚えていない。
 それでも富士山がどれだかは分かるし、大室山も間違いなく分かるが、今いる場所が判らない。大界木山は前なのか後ろなのか、そんな些細なことが分からない。でも切実なんだよ。どっち行けば良いんだろう。

 今日は秋葉社を登ったら、大界木山までの行き先は決めていたが、それ以降を畦が丸に行くか菰釣山方向にするかは決めてなかった。だからそれを決めるにはまずは大界木山に行かなくてはならないのだ。左手を行ったところの直ぐのピークが見える。おそらくあれがそうだろう、それらしい。行けば標識があるはずだから場所が分かる。こうしてピークの標識で大界木山を確認する。

 まだ帰るには早い。
 菰釣山に向かう。
 もしも快適ならその先まで、そうでもなかったらその辺から降りよう。

 山の道は日の当たるところでは雪が溶けて乾いている。そこは快適だが、そうでないところはグチャグチャの泥の道となっていて気分はよくないがそんなところの方が今日は多い。日が殆ど当たらない所では雪が残っている。日陰で人に踏まれた雪は堅く凍っていて滑る。氷が着いていない部分も地は凍っていて滑る。脇の笹の中を歩いたりして出来るだけ避けるようにしてるが、そうも出来ないところもたくさんあって、転ぶと冷たいのやだから最大限注意をして歩く。だけど滑るときは滑る。

城ヶ尾峠はお日様ポッカポカ




 城ヶ尾峠
 快晴無風。日は山の砂に吸い込まれるように、日向ぼっこに相応しく見える乾いた砂の上のススキ原の峠。ここに寝ころばって一休みするか。でもちょっとだけだよ、長くはだめだぜ。
 前に向かって歩く。大界木山付近では見えていた富士山は菰釣山が前に立ちはだかり麓方向から隠す。
 表層の埃を手で払って握り造った雪玉を小分けにして口の中に放り込みながら歩く。避難小屋の明るい室内は綺麗だ。以前(40年位前)もこんな雰囲気だったとおもう。西に向かうに従って日陰に残る雪は徐々に多くなり、小屋の付近からは全くの雪道になる。一度溶けて固まった雪の道は運動靴では滑って歩きにくい。小屋から着いている多くの足跡にはアイゼンの爪痕がセットになってる。少しでも傾斜が付くと一歩一歩が滑る。滑って転んでも少し濡れるだけだが転ぶことが何だか小憎らしい。ゆっくりと。そんなよちよちと進んだら今までよりは三段くらいペースが落ちることになるだろう。というか、ここらの登りは緩いのだが、その緩さであっても歩きがたいというのは歩くのに倦いたということなんだろうと思う。山頂から降りてくる人は誰もがアイゼンにポール二本付けた完全武装で歩いている。小屋から山頂までの距離は実際はたいした距離ではない。

菰釣山へもう一足だが、緩い坂なのに滑って登りにくい



 山頂からは富士山が見える。湖の手前側縁にあたるママの森は前の山の隠れているが、それ以外は山中湖の輪郭も分かる。見える景色が冬だが、空気は少しのPM2.5と多くの暖気によってよどんで山は春の気分が一杯だった。そこにいた三人の登山者がそれぞれに山の景色や山の飯を食し楽しんでいる。

 この先へ
 さあ

 山中湖方向に行くとなると先が長くなる。夕方まで歩くつもりなら、それなりに行き着けるのだろうが、凍った道に対する足ごしらえ不十分を自分なりにわきまえると早めに降るというのが当然だろう。
 山中湖方向の先はまたの機会として、そんな機会が次にあるとは考えてはいないが、今日はここで降ることにする。道志だと降ってからの道行きが遠いから丹沢湖側に下るのだ。

 そのために山頂から西丹沢方向を眺める。
 そばにいる登山者に地図をちょっと拝借して確認したいなあ。そんな気がしても、無しを承知で山に入った。なのに先が分からず不安だから地図をちょっと見せてくれと頼むのは自分を否定するようで癪な気がする。
 だったら見た目と勘とでこの先の道を自分で描けよ。5m横の登山者の彼が眺めているのが地図であることは分かっても、ここからでは読めやしない。その代わりになるのが実際の景色だ。下に遠く林道が見える。林道といっても山の中をのたうつような道で、そこに降りたとしても、それを素直に辿ったとしたら長くなるように思う。だったら、それは無視してともかくも真っ直ぐ降るのだ。見わたした風景から方向はこっちで 下り方は適当にと決める。それが正しいか間違いかは下ってみれば分かる。それに正しくても間違っても両者の差は所詮時間の差でしかないという甘い考えは当然持っている。そうでなければ適当になんて下るなんて選択をするはずがないのだ。

 降る。
 山頂からの直ぐの小尾根状の踏み跡道に入る。そのまま尾根が下に続いて行くのかと思ったが、小尾根状は直ぐに失せる。さっき、あそこへと目的とした下に見えたピークが左方向に次第に外れていくような気がする。
 それでも、そこには本日に降って行った人の踏み跡もあって、これは確かなと思いつつも変だなとも思う。踏み跡が薄くなって、おそらくそこらで道は分岐していったらしいがはっきりしない。山頂からのこの踏み跡が本来降っていく方向は直進して降っていくらしいが、今歩いているのはそれの方向よりは右手方向へ次第に移っていくように思われて……大丈夫かな、このまま歩いていってさ。そんな不安な心で歩く。
 辿っている道は緩い斜面をずっと右に向かって継続して斜行していく。途中に黄色の境界杭もあったから、こんなでもおそらくは人が付けた道に違いない。でもずっとこのまま辿って行ってホントに良いんだろうかと思うくらいに斜行が続く。とは書いたが実際には数百m程度の距離だったと思う。不安な心は径路を実際よりずっと長く感じさせるのだ。踏み跡は薄いが、支障となるような所はない。そのようにトラバース気味に降っていくと右手から合わさる尾根状に乗り、その上でしっかりとした踏み跡道に合流する。コチラの尾根上の踏み跡が本道らしい。笹竹が薄くなり見透しが良くなる。鞍部まで下って一回登り返す。

 大栂山
 登り切ったピークの木には「大栂山」と表記されていた。聞いたことのある地名だが、浅瀬の奥にある山であること以外には多くを知らない。そのはずなのだが、木に掲げられた山名を見れば何かしら懐かしい気もする。その思いの通りに見たことの覚えがあるような風景が続く。
 もしかしたら
 今から四十年より前にここらは歩いたことがあるのかも知れない。その可能性があるのは大倉からカモシカ山行をしてきたとき、くたびれて山中湖まで行くのを諦めて降ったのがここいら付近だったはずだ。
 そうだ 何回もカモシカ山行は行ったが、最後までいけたことは少なく、途中で下ったことの方が多かった。ずいぶん昔のことなので、その場合に、どこをどのように下ったのかはとっくに忘れた。だから降ったのがここだったか、もう一つ先の大棚の頭付近だったのか、或いはそれぞれだったのか思い出せないが、確かにそんなことあった。間違いない。落合に出来たダムに水がたまり、ここらの集落からは人がいなくなり、取り壊しの遅れた無人屋があちらこちらにまだ何棟も残っていたあのころのことだ。


菰釣山→大栂山→下る。途中のカヤトの見晴らしからの富士山






 山頂からはなだらかな傾斜地を緩く降る。下草のない柔らかい砂の上にブナと椎系の木が混じって生える。日は地面まで差し込む。雪が無くなり、表層の凍った泥が融けて柔らかい砂状になったばかりなので、足に引っかかる余計なモノは全くない。そういう山を降るのはとても良い気分で、それこそスキップもギャロップも思いのままに歩いて撥ねて下る。そんな下りを楽しみ、白ザレの細い尾根を短く登り返して立つ隣のピーク(P1024m)へ。 伐採された大木の根っ子部分が砂地の上に椅子を並べるように列んでいる。伐採後に植えた木々の育ちは遅く、カヤトの原のままでいるのは手入れ不足と書きたくもなるが、その分だけ見晴らしはよい。
 ここも見た覚えがあるぞ。
 でもそれは不確かな覚えであり、違う場所の似た風景をそう思いこんでいるだけなのかも知れない。山の中では、このような風景はありきたりにあるのだから。

 P1024mからは尾根の上を直線上に下ったつもりだったが事実はそうではなかったようだ。
 P936m方向への最短距離で下り、途中で横切る林道法面の下降に手間取る。直進して降っていくと先ほどの延長上にあるらしい林道に再び合流する。
 さて、どう降る。
 林道をやや登り気味に歩きカーブ部で尾根がつき出しているように見えたところを下り出す。出だしは伐採された木々が邪魔で良くなかった。もしもここの尾根の見晴らしが良かったらおそらくは南に真っ直ぐ進んでP798mを経由してそのまま法行沢林道の中域に降りただろう。

 ここらまでは予定通りに真っ直ぐ下ってきたのだ。
 ところが林道の曲がり角と思ったところにあったスギの林の中を下りだしたのが間違いだったらしい。結果的に本来の狙いより50m程だけ手前で下りだしたらしいのだ。見透しの悪い林の中で一旦下りだしたら方角なんていう感覚はどこかに行ってしまって不明になる。
 そうして予定の直進が、ずいぶんと右手にずれたようだ。小尾根に乗って南南西に降って法行沢の中流への尾根に入ってしまったのだ。地図もメモなしの山勘での方向選択なのでそういうこともままある。植林の林間の道があるような無いような感じの所を降っていく。


 谷の下まで降りれば林道がきっとある。そう思って降っていったのに、沢に降り着いてあたりを見ても道は無かった。
 立っているのは沢の二俣であり、左には小滝三段の8m(上に砂防堤が乗っているようだ)、右の少し奥には砂防堤が立っている。少しだけ降ると右手から広くて緩い沢が合流してくる(コチラが本流だろう)。
 登ってくる場合なら習慣のように取るメモも、すぐ林道だろうと思いこんで書きはしなかった。だから記憶は曖昧なのだが、その下に砂防堤があったように思う。間に大きめの釜を供えた二段の小滝(ナメ小滝に近い)もある。もう一つ砂防堤があって? そこは右岸一段上の道に乗って降る。8m程の滝もその道を下りて撮る。
 
尾根をともかく下ったら法行沢の二俣だった。
写真は小滝の二段(三段) 右に堰堤付きの沢があり、
50m程下流では本流?に合流する。



 ここはどこなんだろうか。
 おそらく法行沢でなかろうかと見当は付けたが、出会いまでどのような滝があるのか、難場があるのかは知らない。あるところには道形があるが、無い所には無い。難しいところがないと良いのだがなあ。降るのが難しい所が出てきたら右岸を登ればそこに道がありそうな気がするが、難場でもないのにわざわざ登る労力は出したくない。でも幸いにして滝やナメ状が出てきても
 「これってなかなか良い感じの滝」と感じることはあっても、全部その際の部分を歩くことが出来た。沢は全体に青みが掛かった硬い岩でできていて、それが続いている感じなのが爽快に受け取れて、ここは良い気分の沢歩きが出来そうなとも感じた。
 でもそれは降りきってからのことだ。何時林道に出るのかが分からないと、その先がどうなっているかばかりが心配で気がきではなく、正直言って沢の景色を楽しむどころではない。だから岩床の沢の前方に橋が見えてきたときはホッとしたと同時に嬉しかった。
 やれやれ 一区切り付けられる。

法行沢を下る



法行沢は硬い石で出来ていて
渓流沿いを歩くのは楽しい



 橋は「中法行沢橋」と言う。法行沢とは別の中法行沢という沢があるんだろうか。そのときはそう思ったが、調べたら沢の途中にある橋だから「中」が付いたようで、降ってきたのは法行沢であるというのを帰ってきてから知った。このように自分では知らないし、分かっていない沢が丹沢にはたくさんあるということなのだ。
 だからまだ、がんばらなくちゃならない。



 法行沢林道を歩く。一箇所だけ車が通り抜けできないところがあるが、それ以外は昨年の大雨に対しても無傷のように見える。何カ所かに広場のような所があり、切り出し盛んなころの貯木場もしくは運搬用トラックのたまり場だったのだろうが、今は草はぼうぼう、草の間の轍も薄く、車は滅多に走っていないらしい。
 それでも、あたりの山々は植林の木々に覆われている。この苗の植え込みが、ダム出来る前の伐採当時に継続して行われたとすると、成木にはもう10年くらいかかるかな。それまでこの道を走る車は少ないだろう。
 でも成木になる10年が経っても、材木相場が今の倍くらいにならないとすれば成木の切り出しはされない事も考えられる。アベノミクスクス年率2%のインフレに期待を込めても倍になるには1×1.02^nで計算して35年掛かる。でもそれって自分自身の年金が半分の価値になるという事じゃないか。そうなったら預貯金と年金だけで暮らしていく俺にとってはかなり切実だ。でも99.5%そこまで生き残ってることはないから心配はそれまで先送りということで済ませてもいいかな。
 それに少子化だ。家を建てるニーズは確実に減る。材木需要が今のままと言うこともないだろう。だから海外の供給国の資源枯渇がないかぎり大幅な値上げなんて期待しないほうが正しいんじゃないだろうか。林業は建材以外に活路を見いださないとこの先も厳しいと思う。が俺には公開できないがとっときの秘策を持っている。パテント登録した後にしゃべるね。早くしゃべるためにどなたか登録料提供してくれないか。
 ああ しゃべりたい。

山歩きの部分は終わったが浅瀬迄どれくらいかかるのか
見通しが付いていないが、背中の日差しはあたたかく法行沢林道をトボトボ歩く




 なんて言いながら、そんな心配は山持ちでないマシラには無用である。実際には何も考えてなんかいない。ただ山を歩いて山に遊ぶ。それだけで十分、林道周辺の山を見上げてそう思う。マシラは輪廻転生の前世は山の人だったのかもなあ(ここでの山屋=山でくらしを立てる人の意味)
 でもな、野添憲治さんのような樵稼業だったら一日で足腰が立たなくなるし、とっさの判断力も今いちだから運び出し橇に引かれて命が幾つあっても足りそうもないから山衆の仕事はやっぱりゴメンだ。やはり山・遊び人が良い。太陽光パネルがあったがあれは何用の実験施設なんだろう。

 ぶらぶらと歩いて浅瀬橋に着く。
 1時間後のバスの乗れば良いのだからそのペースに会わせて歩き、丹沢湖でバスに乗る。AYさんが乗っていた。 

 帰りの電車
 雰囲気から箱根の温泉帰りらしい男性三人組の隣に座る。対面にはAYさん達が座る。三人は昨夜のアルコールが未だ残っているらしく声が大きい。聞く気はなかったが、なにげに知っている単語がたくさん耳に入ってきて、そうなると耳を「何々」と澄ましてしまう。■□、■□Sの内部統制がどうだこうだ、聞いたことのある組織名とか個人名も何人か、それに役職名が 次から次へと出てきて、社内専門用語でしゃべっているのは同じ会社に勤めている同僚ってことの証明となる。上流での仕事らしい。上流が高級であり、下流はなんてことはないが、上司の無能と自分の成果を声高に話す。
 おいおい 内部統制とかの執行とか騒ぐおじちゃんよ〜
 アンタがそんなに有能だったら何故役員やってないんだよ〜
 今の会社の経営姿勢は好きじゃないが、くだくだ叫ぶのは社内で上司に向かってやってくれ。社内情報を外で話しちゃあダメって指導はされていないのかい。あんた等が知っているレベルではそれほど価値のある情報ではないにしても、車内では静かにしてくれないと バッチ(社章)つけてなくとも聞く人が聞けばとても柄が悪い会社に思われるんだぜ。おじさんよ〜
 渋沢を過ぎて車窓に目をやれば昨年閉鎖された工場に掲げられた会社のマークが外見変わらずに光っていた。中身はがらんどうになり残ってはいないと聞く。なにかと目がばっちり覚めた電車内だった。




自宅5:15〜本厚木駅5:30〜厚木駅5:35〜橋本駅6:20〜三ヶ木バスターミナル6:50_6:55〜両国橋7:35_7:50〜唐沢バス停8:25バス下車〜レストハウス(登山口)7:30〜鳥の胸山9:25〜浦安峠10:05〜登山道に合流10:20〜大界木山10:30〜菰釣山避難小屋11:30_40〜菰釣山11:55_12:00〜大栂山(P1204m12:30〜P1024m経由だと思う〜林道に一旦出る13:00〜?P936m経由(このピークの南南西の尾根を降ったようだ)〜法行沢に下降13:20〜中法行橋13:50〜法行沢林道〜林道に合流14:25〜浅瀬橋15:00〜世附〜浅瀬入口15:50〜丹沢湖16:00バス〜谷峨4:42JR〜新松田5:02〜本厚木5:30〜自宅5:45 20130309  しょっちゅう雪で口を潤さないと乾いてしまうほどに暖かい快晴の日だった。

山は暖かかったが前週の北海道凍死5名+一酸化炭素中毒4名
猛烈な風雪。弱って意識が薄れていくのが分かるような気がする。一応冬の山を歩いた元山屋だから。30分で体が動けなくなる。死に至るのはそれから二時間くらい。寒かったでしょう。軽装者は天気の見通しは常に悪い方にとって備えなくてはならないと思い知る。合掌

頁トップへ  マシラのHP